03-5607-1535(事務局)

受付時間:月曜日~金曜日 10:00~17:00
土曜日・日曜日・祝祭日は休業いたします。

薬剤師会の活動

HOME > 薬剤師会の活動 > スポーツファーマシスト活動

スポーツファーマシスト活動

ドーピングについての相談窓口の開設

以前スポーツ大会で「どこに相談していいかわからない」という選手の声を受け、当会独自で相談窓口を設置しました。「相談専用メールアドレス」「QRコードからアクセスできる相談フォーム」を通じて相談を受け付け、回答は当会所属のスポーツファーマシスト(SP)が行っています。

相談フォームQRコード

相談専用メールアドレス
SP@edo-yaku.or.jp

  • 区民向け小冊子「読む薬~スポーツを楽しむすべての皆さまへ~」はこちら

  • ドーピング相談対応薬局一覧はこちら

SPを対象とした講習会・勉強会の開催

少人数のグループディスカッションによる参加型勉強会や、現在、現場で活躍中の経験豊富なSPによる講習会等を開催し、SPとしてさらなる知識の深化・相談時の対応力の向上を目指しました。
参加者から大変ご好評いただくとともに、関連団体からは講習会・勉強会のリクエストが入るなど、スキルアップに対する意欲の高さがうかがわれました。

イベントでのSP啓蒙活動

第36回江戸川マラソン大会
日時:2016年10月25日(日)
会場:江戸川区陸上競技場

10月25日(日)に江戸川区陸上競技場にて第36回江戸川マラソンが開催されました。天候も晴天に恵まれ秋空の下、3411名のランナーが参加になりました。種目は1.5km、2km、5km,10kmのコースがあり小さい子から大人まで気持ちいい汗を流していました。
当日はスポーツファーマシスト委員会の佐藤、遠藤、高柳、池野、野渡が競技会場においてブースを設けさせていただきました。肺活量測定は大変ご好評いただきブースの前は長蛇の列になり、80名に実施しました。肺活量を測定した人の中には、「肺活量を測定するのは初めてです。毎日運動しているので自信はあったが、平均を上回る結果が出てうれしい。これかも運動を心掛け体を鍛えていきたい」などという声も聞かれ、健康への関心の高まりを感じられました。小冊子は昨年度作成した「読む薬」に合わせて今年度新たに作成した運動する人向けの「読む薬+」を配布しました。また身近な薬を題材にした「ドーピングクイズ」を独自に作成し、選手や関係者の興味を誘うことで、アンチ・ドーピング活動により興味を持っていただけるようになったと感じることができました。