03-5607-1535(事務局)

受付時間:月曜日~金曜日 10:00~17:00
土曜日・日曜日・祝祭日は休業いたします。

薬剤師会の概要

HOME > 薬剤師会の概要 > 概要

概要

会長ご挨拶

公益社団法人 江戸川区薬剤師会 会長 篠原 昭典

新年明けましておめでとうございます。
旧年中は薬剤師会の事業運営にご理解とご支援を賜り心より御礼申し上げます。

コロナ禍2年目となった昨年は、一昨年同様、コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、会の事業活動も大きく制限を受けることとなりました。

このような状況の中、従来の江戸川区との賃貸借契約終了を迎えた「会営臨海薬局(=災害時医薬品備蓄施設)」においては、新たな江戸川区との賃貸借契約のもと、東京臨海病院により近い新たな場所への移転を完了し、GW終了後の5月6日(木)にリニューアルオープンとなりました。しかしながら、コロナ禍の影響を色濃く受け、残念ながら経営状況は厳しい状態が続いております。

一方、区が実施するワクチン接種対応においては、江戸川からの要請を受け、5月より集団接種に伴うワクチン管理業務を受託、また8月からは当会事務局が「基幹施設」として管理運用を開始、ディープフリーザー2台を設置し、区のワクチン接種に係わる迅速な遂行に最大限尽力して参りました。本業務においては、数多くの先生方にご協力を賜り、この場をお借りしてあらためて御礼申し上げます。

さて、本年は「調剤報酬改定」に当たる年度ですが、国の政策は新型コロナウィルス感染症による対応を「戦後最大の例外」と位置付け「例外からの脱却」と「マイナス改定の継続」を打ち出しており、コロナ禍の出口戦略を見定めつつ、今後も会員の皆さまへのサポート対応に十分に尽力して参りたいと存じます。

最後になりますが、本年度も昨年と同様、薬剤師会における各種取組みについて、ご理解とご支援を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。

2022年1月
公益社団法人江戸川区薬剤師会
会長 篠原 昭典

概要

名称 公益社団法人江戸川区薬剤師会
住所 〒132-0021 東京都江戸川区中央1-3-13-3F
電話
FAX 03-5607-1513
e-mail edo111@edo-yaku.or.jp
会員数
[2022.7.1現在]
262名(江戸川区内に開局、勤務または在住の薬剤師で構成されている)
会員薬局数
[2022.7.1現在]
180薬局
略歴 平成18年、小岩薬剤師会と江戸川薬剤師会が合併し、「社団法人江戸川区薬剤師会」発足。
平成24年4月1日「公益社団法人江戸川区薬剤師会」誕生。
薬剤師会としては全国で2番目の公益社団法人です。

役員一覧

理事

  氏名 各担当委員会等
会長 篠原昭典(なの花調剤薬局) 総務委員会
会営臨海薬局委員会(主)
副会長 石井和子(万仁堂石井漢方薬局) 学校保健委員会
総務委員会(会計担当)
会営臨海薬局委員会(副)
副会長 佐藤昌義(東小松川薬局) 実務実習委員会
総務委員会(広報担当)
スポーツファーマシスト委員会
会営臨海薬局委員会(副)
上席理事 北川太郎(みさき薬局) 災害対策委員会
薬薬連携担当
会営臨海薬局委員会(副)
上席理事 大林武史(大林薬局) 薬局・保険委員会
会営臨海薬局委員会(副)
理事 那須英司(アオキ薬局) 夜間・休日急病診療所調剤委員会
SAP江戸川
会営臨海薬局委員会(副)
監事 山口秀一(十字堂薬局)  

委員会(委員長)

学校保健委員会 篠原昭典
薬局・保険委員会 大林武史
夜間・休日急病診療所調剤委員会
岡山真弓
SAP江戸川
(スマートエイジングプロジェクト)
スポーツファーマシスト委員会 野渡靖弘
災害対策委員会 永妻伸介
実務実習委員会 佐藤昌義
会営薬局委員会 篠原昭典
総務委員会 篠原昭典
(会計担当)石井和子、(広報担当)佐藤昌義  

アクセスマップ

新小岩駅方面より 都バス「江戸川区役所前」下車徒歩3分
船堀駅方面より 都バス「江戸川区役所前」下車徒歩3分
小岩駅方面より 都バス、または京成タウンバス「江戸川区役所前」下車徒歩3分